上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.24 なんかぁ
書くこと特に無いですね^^;
作戦もまだまだ途中ですし。

ので、久しぶりに昨日読んだ本の感想です。


憑神 浅田次郎 新潮文庫

今年 妻夫木 聡主演で映画化されるそうです。

時は幕末、貧乏なかなり下っ端の御家人が夜酒を飲んだ帰りに小さな祠のお稲荷さんに、この境遇から抜け出せるよう願をかけます。

ところが、このお稲荷さん実は三巡り稲荷という、近づいてはならいという、お稲荷さんで・・・

という話です。


実際タイトルのとおり主人公はあまりよくないほうの神に憑かれてしまいますが、この神様がどれも人間味あふれる神様であり、憎めません。

話が進んでいく中、主人公が周りの人に助けられながら、自分の人生についても考えていき、現代に生きる我々にも考えさせられる内容となっています。

7/10点

Secret

TrackBackURL
→http://yatakero.blog78.fc2.com/tb.php/86-7797f715
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。